東部地域広域水道企業団

水道管の凍結防止について



凍結防止の方法及び対処法

 気温がマイナス4℃以下になると水道管が凍ったり破裂したりします。このような凍結を防ぐ方法として、厚手の布や発泡
スチロール系保温材やラバーヒーターなどを水道管に巻きつけ、その上にビニールなどを巻いて、直接冷気を受けないように
して下さい。

 ■ 凍結しやすい水道管

  ・屋外に露出している管
  ・建物の北側にあり、陽の当らないところの管
  ・風当りの強い場所にある管

 ■ ご家庭でできる防寒方法

 ・保温材や毛布、布切れ蛇口の上まで完全に包みます。尚、雨に濡れないようにビニールなどを被せてください。
 ・メータボックス内で防寒するために、毛布や発泡スチロール等を入れる。

 ■ 水道管が凍ってしまった場合

 ・蛇口が凍ったときは、自然に溶けるのを待つか、凍った部分にタオルなどを被せて、ぬるま湯をかけてください。
  ※熱湯をかけると、水道管が破裂したり変形することがあります。
 ・指定給水装置水道工事事業者へ連絡する。


−お問合せ先 −

   営業担当
TEL 0554-22-0099
FAX 0554-22-5472